荷物

基本的な流れ

ウーマン

引越しがきまったら、業者さんを決めるために電話やメールで見積もりをもらいます。最初から一つに決めず、3社くらいに見積もりを取ってもらったほうが良いです。神奈川に家族で引越す場合は荷物が多くなるので、訪問見積もりをして最終的な見積もりをとってもらう必要があります。訪問見積もりも、複数の業者さんにしてもらったほうが安くなります。良さそうな業者さんを見つけたら、正式に契約をします。見積書は引越しをする当日までに大事にとっておくことが大切です。そして引越し当日までに、荷造りをします。段ボールは大、中、小3つのサイズを用意します。そして、大きいサイズには軽い物(洋服等)小さいサイズには重い物(書籍等)を入れるのがコツです。そうすれば運搬しやすくなります。電気・ガス・水道などの会社には、神奈川に引越しをする日を電話で伝えておきます。支払い方法が振り込み用紙の場合は、神奈川の新しい住所を伝えておけば、その住所まで振り込み用紙を郵送してくれます。ガスの場合は、引越しする当日にガス会社社員の立ち会いで閉栓する必要があります。市役所関係では、転出の手続き、国民健康保険や介護保険などの変更手続きなどがあります。ちなみに転出の手続きは郵送でもできるので、時間がない場合お勧めです。引越し当日は業者さんが荷物をトラックに運搬し、神奈川の新居まで運んでくれます。すべての作業が終わったら費用を現金で手渡しして完了です。